まるか食品と日亜化学では設備投資を強化して対応

まるか食品は焼きそばのインスタント食品メーカーとして長い伝統があり、ファンの間ではここの製品しか購入しない人も出ているほどです。しかし、まるか食品では2年前に食品への異物混入が明らかになったことがあります。この事件ではマスコミでも大きく取り上げられ、企業としては一時危機的な状況に陥りました。しかし、まるか食品では工場の生産をすぐに中止し、新しい設備投資を行うことを発表をしています。その後、まるか食品では異物購入を防げるパッケージに改良した新たな製品を出荷するようになりました。新たに製品がスーパーなどで出回るようになると、一時製品が売り場からなくなるほどの人気となることが起こっています。マスコミによって製品の知名度がアップしたことと、設備投資によって製品の安全性が高まったことことが製品の人気化を呼ぶことに繋がっています。その結果、まるか食品では設備投資をした後の方が、売上げを伸ばすことができています。また、まるか食品では定番食品の姉妹版を販売することによって、新たなヒット商品を生み出すことにも成功してきています。次に日亜化学ではLEDの多くの機器への普及によって、LEDの素子の生産を増やす必要性が出ています。近年、LEDは家庭の電球やシーリングライト、自動車の前照灯やブレーキランプなどで使用が拡大している状況があります。そうした環境から、日亜化学では設備投資を行って生産を増強して対応をしています。また、近年では中国メーカーなどからの安いLEDの素子が市場に出回ることになってきています。そのため、日亜化学ではLED素子の低価格化のためにも、生産性の高い設備投資を行うことで価格競争にも対応をしています。