投資の得と損

投資をする上で損得のことで理解しておきたいのが、誰でも損をしたり得をしたりすることがあるということです。
当たり前のことのように思うかもしれませんが、これは重要な事であり必勝法がないということを覚えておきましょう。
これはどのようなことかというと、投資を始めたばかりの頃というのは勝っている人を見てほぼ確実に勝つ、なにか必勝法があると思うことも多いものですが実際にはそのようなことは無いということです。

もちろん、勝ち組の人はエントリーポイントが上手いというのはありますが、実際にポジションを持った位置から相場が上に動くか下に動くかは天のみが知るということで勝ち組であっても常に活用な取引をしているわけではありません。
むしろエントリーポイントの上手さはあるにしても、勝率に関しては普通の人と大きく変わるものではないのです。
それでは何が変わってくるのかというと、
決済をするタイミングが勝ち組というのは、変わってくるのです。
一回のトレードの損得に関してはどちらも同じぐらいであっても、損した時の金額と得した時の金額が違うのが勝ち組と負け組の違いとなります。
勝ち組というのは勝った時の利益が大きく、負けた時の損失を最小限の抑えることが出来るような取引をしています。
一方で、負け組は勝率が高くても勝った時の金額が少なく、負けた時の金額が大きくなりやすいのでトータルで損をしてしまう事になるのです。

勝ち組ほど駄目だと思った時の見切りが早く、その結果として短期的な勝率は五分五分になります。
しかし、その代わりに利益を伸ばすことができますから損失は最小限で、利益は最大限となるため差し引きでは損得を来る返しながら得が積み重なっていくということになります。