エーザイへ投資には住民票を習得して新たな制度を利用

かつて投資は、広く一般の人が行うものではなく、ある特定の人だけが行うものという認識がありました。その頃の日本は、景気も上昇過程にあり、銀行での金利も高く、投資の必要性を感じる人は少なかったとも言われています。しかし、その後景気が後退し、20年と言う長い年月をデフレの状態で過ごしてきました。よって、銀行にお金を預けても金利はほとんど期待できず、投資によって資産運用することの大切さを知る人が増えてきたのです。
それと同時に、日本政府も一般の人が広く投資を行えるよう、新たな制度を作成しました。それが、少額投資非課税制度と呼ばれる制度です。120万円を限度に非課税で投資が行えるようになっているため、税金の面を気にしている人も気軽に実践できるようになっています。少額投資非課税制度を利用するには、証券会社で口座を開設することが必要になります。その際、住民票の提出が要求されることになっています。ですが、仕事などで忙しい日々を送っている人には、住民票の取得は大変面倒な作業になります。そこで、いくつかの証券会社では、証券会社が代理として個人の住民票を取得するサービスを提供しています。より簡単に便利に口座が開設できるとして、利用者の数も年々増えています。
そして、証券会社に少額投資非課税制度の利用できる口座を開設したら、エーザイの株を購入することが最適です。エーザイは、日本を代表する製薬メーカーの1つであり、業績も伸びています。また、医薬品銘柄は、経済の動向に大きく左右されることが少ないため、現在の不安定な日本経済状況下でも安全に運用できると考えられています。安定している銘柄であるエーザイを選択し、非課税口座で運用することで、より良い資産運用ができるのです。