安定投資をしたいならコナミを検討

アベノミクス以降、日本に株式市場は活況を呈しています。初心者・上級者を問わずさまざまな方法で投資を始めていますが、まずは投資する企業が安定した収益を獲得できているかどうかは非常に重要です。

国内企業においては、コナミをポートフォリオに組込む企業として検討すると良いでしょう。元々は家庭内ゲーム機やゲームセンター等の遊具器で有名な当社ですが、ゲーム機の主役がスマートフォン全盛の現在でも、その存在感は色あせていません。かつてのヒットスポーツゲームのリメイク版をはもとより、少年雑誌でも話題となったカードゲームも非常に人気が高く、同社の主要な収入源となっています。

最近はインターネットの普及も相まって、その活躍の場は国内に留まりません。また、同社のゲームシステムを応用して、特に北米ではカジノの支援システムが好評です。スロットマシンや顧客の情報に加えて、会計管理もリアルタイムで行うことが出来、幅広い目的に利用されています。

またアメリカ合衆国では37州で、カナダでは8州でゲームの機器製造や販売ライセンスを取得しています。今後はこのライセンスを基に、様々な事業展開が考えられています。そのため、国外での増収も見込めます。

さらにコナミは、以前から経営しているスポーツクラブに加えて、健康に関するトータルサービスの提供を目指しています。子供のころから体操や水泳を通してスポーツを楽しむ感覚を身に付けてもらい、能力や才能のある子供達には世界を目指すアスリート教育の提供など、さまざまなレベルに対応できる体制を整えています。独自のアドバイス・システムを導入し、楽しみがら上達することを目指しており、どの年齢になっても継続してスポーツを行えるよう、工夫がなされています。

月島機械などへの公益セクター投資

投資をするにあたっては、個別の株式銘柄を選別するというミクロ的な方法の他に、日本株式を選別する・あるいは米国株式を選別するというようなマクロ的手法もありますが、その中間としてセクターに投資をするという方法もあります。例えば、公益セクターというのは、官公庁や地方公共団体の仕事を請け負う企業の集合体で、月島機械などの個別銘柄が含まれています。この公益セクターの特徴は、政府の財政出動が発表されれば収益の増加が見込まれるということと、安定した公的需要によって業績が下支えされているという点にあります。ですから、政府が大きな景気刺激策を発表しそうだと予想できるならば、このセクターに先回りして投資をすることによって利益を見込めるということになります。このように、あるセクターに含まれる株式銘柄を全て買いたいという場合には、投資信託やETF (Exchange Traded Fund) を購入することができます。特に、ETFの場合には、株式と同じように手軽に売買をすることができますから、これからはこのセクターの値上がりが見込めそうだと思った時に、機動的に購入することが可能です。あるいは、石油価格の下落はそろそろボトムになるのではないかと予想をするならば、エネルギー・セクターのETFを購入しておくなどの逆張り投資を行うこともできます。このような投資方法を身につけることによって、景気局面によって各セクターの動きが変わってくるということを学習することができます。国単位で投資するのを「鷹の目」的な手法とするならば、個別の株式銘柄に投資するのは「虫の目的」な手法、セクターというのはその中間であると言えるでしょう。

新光USリートとテラモーターズIPOへの投資

最近の投資に関するトピックとしては、日銀黒田総裁のマイナス金利導入発表によって、REIT (Real Estate Investment Trust)に注目が集まってきているという点があります。なぜ、REITが今注目されているのかと言いますと、第一にREITには家賃収入といった利益の源泉がありますから、マイナス金利時代に利回りを稼げる貴重な投資先として注目が集まったという点があります。第二に、REITは投資家からの資金と銀行からの借入資金によって不動産を購入しているわけですが、マイナス金利になるということは銀行からの借入資金に対する利子負担が軽減されるということになり、REITの業績を底上げすることが期待されているという点があります。第三に、REITは現在割安の水準にあり、これから世界経済が回復するのに伴ってREIT価格の上昇が見込めるという点があります。第四に、原油価格の暴落や中国経済の不振が株価を押し下げている状況ですが、これらの要因がREITに及ぼす影響は軽微だとみられている点です。このような状況の中で注目されているのが、日本でのREIT分野売上金額がナンバー1である新光USリートという投資信託です。これは、アメリカのREITに投資をするファンドですから、日銀黒田総裁のマイナス金利導入発表の影響を受けるわけではありませんが、今REITに注目が集まっているのは日本のJ-REITだけではなく、アメリカや世界全体のREITなのです。それから、その他最近の投資に関するトピックとしては、テラモーターズという電気自動車を扱っている会社のIPO (Initial Public Offering) という話題があります。

建設会社に投資をするというドラマを作る

テレビのドラマには色々なものがあり、様々なストーリーが作られて包装されています。そのような中において、建設会社に投資を行っていくというような内容を検討することが可能です。
そのようなドラマを作るときにおいては、配役を決めることはもちろんのこと舞台設定といったことも欠かせません。そして何より重要となってくるのは投資をするときの知識であり、専門家を探す必要性が生じてきます。投資をするためには専門的な知識が求められることから、詳しい専門家に監修をしてもらう必要があります。さらに、アドバイスなどもしてもらってストーリーが進んでいくように努めるということが大事となってきます。
その他にも、ドラマを撮影するときにおいては専門的な知識や用語というものが出てくることになります。そのため、出演者たちがそれを含んだ台詞を話すことができるということも大事になってきます。そのため、出演者たちに投資に関する勉強を奨励するといったことも手段として考えることが可能です。
他に必要なことには投資の対象となる建設会社であり、どのようなものにするのかを決めていきます。その会社の業績を考えたり、規模や社員数そして業務内容といったことも考える範囲に入れることが可能です。また、建設会社で働く人間も登場させて、配役を決めるといったケースについても検討することができます。
建設会社に投資を行うというドラマについて考えることができ、そのときには色々なことが必要になってきます。特に専門家の存在は必要不可欠であり、協力してくれる人を探していきます。また、必要な知識なども身に付けていくということも必要な要素の一つとしてカウントすることが可能です。

ブイキューブの株に投資することと新株発行の影響

ブイキューブは、東証一部上場のネット関連企業で上場も新しく、2013年12月10日です。株価としては上場のときにつけた金額1700円台を2年超になりますがそれを超えたことは一度もありません。昨年1年間を見ると600円台の安値から新株が発行されることが発表されるまで右肩上がりでほぼきれいな状態で1500円を目指すところまでいきましたので、ちょうどのところか1000円程度のところで手放した方は半年で4割程度の利益を抜くことが出来た良い投資をできているはずです。また、1500円から一気に750円まで下げましたが、2016年3月時点で1200円を突破していますので、現在の株式市場、特に昨年末から今年2月にかけての日経平均全体の相場を考えるとネット関連、サービス業も下げる中、今のところあがってきているところを考えると投資には向いている株式銘柄であるといえます。ただし、業績よりも人気、将来性を見通しての株価形成になりがちなネット関連株は投資判断の目安とされる株価収益率は250倍に届く勢いで買われていますので、実態と株価の乖離は激しいといえます。有名どころのソフトバンクはこの株価収益率が10倍台であることを考えるとこの銘柄がどれだけ買われているかが分かると思います。ここまで大手と比べるのはいかがかと思われるかもしれませんが、同じ昨年1年を見ても日経平均と同じ様な動きをしているソフトバンクと本銘柄では同じ東証1部でも老舗と新興の違いがあらわになっているところです。投資を行うときは、日経平均に沿った動きをするブル型と、逆の動きで利益を狙うベア型がありますが、こういった新興の株は、うわさ、時事ニュース一つで株価が大きく動きますので長く持つというよりも短期トレードで利益を抜く投資スタイルに合った銘柄であるといえます。

まるか食品と日亜化学では設備投資を強化して対応

まるか食品は焼きそばのインスタント食品メーカーとして長い伝統があり、ファンの間ではここの製品しか購入しない人も出ているほどです。しかし、まるか食品では2年前に食品への異物混入が明らかになったことがあります。この事件ではマスコミでも大きく取り上げられ、企業としては一時危機的な状況に陥りました。しかし、まるか食品では工場の生産をすぐに中止し、新しい設備投資を行うことを発表をしています。その後、まるか食品では異物購入を防げるパッケージに改良した新たな製品を出荷するようになりました。新たに製品がスーパーなどで出回るようになると、一時製品が売り場からなくなるほどの人気となることが起こっています。マスコミによって製品の知名度がアップしたことと、設備投資によって製品の安全性が高まったことことが製品の人気化を呼ぶことに繋がっています。その結果、まるか食品では設備投資をした後の方が、売上げを伸ばすことができています。また、まるか食品では定番食品の姉妹版を販売することによって、新たなヒット商品を生み出すことにも成功してきています。次に日亜化学ではLEDの多くの機器への普及によって、LEDの素子の生産を増やす必要性が出ています。近年、LEDは家庭の電球やシーリングライト、自動車の前照灯やブレーキランプなどで使用が拡大している状況があります。そうした環境から、日亜化学では設備投資を行って生産を増強して対応をしています。また、近年では中国メーカーなどからの安いLEDの素子が市場に出回ることになってきています。そのため、日亜化学ではLED素子の低価格化のためにも、生産性の高い設備投資を行うことで価格競争にも対応をしています。

エーザイへ投資には住民票を習得して新たな制度を利用

かつて投資は、広く一般の人が行うものではなく、ある特定の人だけが行うものという認識がありました。その頃の日本は、景気も上昇過程にあり、銀行での金利も高く、投資の必要性を感じる人は少なかったとも言われています。しかし、その後景気が後退し、20年と言う長い年月をデフレの状態で過ごしてきました。よって、銀行にお金を預けても金利はほとんど期待できず、投資によって資産運用することの大切さを知る人が増えてきたのです。
それと同時に、日本政府も一般の人が広く投資を行えるよう、新たな制度を作成しました。それが、少額投資非課税制度と呼ばれる制度です。120万円を限度に非課税で投資が行えるようになっているため、税金の面を気にしている人も気軽に実践できるようになっています。少額投資非課税制度を利用するには、証券会社で口座を開設することが必要になります。その際、住民票の提出が要求されることになっています。ですが、仕事などで忙しい日々を送っている人には、住民票の取得は大変面倒な作業になります。そこで、いくつかの証券会社では、証券会社が代理として個人の住民票を取得するサービスを提供しています。より簡単に便利に口座が開設できるとして、利用者の数も年々増えています。
そして、証券会社に少額投資非課税制度の利用できる口座を開設したら、エーザイの株を購入することが最適です。エーザイは、日本を代表する製薬メーカーの1つであり、業績も伸びています。また、医薬品銘柄は、経済の動向に大きく左右されることが少ないため、現在の不安定な日本経済状況下でも安全に運用できると考えられています。安定している銘柄であるエーザイを選択し、非課税口座で運用することで、より良い資産運用ができるのです。

投資の得と損

投資をする上で損得のことで理解しておきたいのが、誰でも損をしたり得をしたりすることがあるということです。
当たり前のことのように思うかもしれませんが、これは重要な事であり必勝法がないということを覚えておきましょう。
これはどのようなことかというと、投資を始めたばかりの頃というのは勝っている人を見てほぼ確実に勝つ、なにか必勝法があると思うことも多いものですが実際にはそのようなことは無いということです。

もちろん、勝ち組の人はエントリーポイントが上手いというのはありますが、実際にポジションを持った位置から相場が上に動くか下に動くかは天のみが知るということで勝ち組であっても常に活用な取引をしているわけではありません。
むしろエントリーポイントの上手さはあるにしても、勝率に関しては普通の人と大きく変わるものではないのです。
それでは何が変わってくるのかというと、
決済をするタイミングが勝ち組というのは、変わってくるのです。
一回のトレードの損得に関してはどちらも同じぐらいであっても、損した時の金額と得した時の金額が違うのが勝ち組と負け組の違いとなります。
勝ち組というのは勝った時の利益が大きく、負けた時の損失を最小限の抑えることが出来るような取引をしています。
一方で、負け組は勝率が高くても勝った時の金額が少なく、負けた時の金額が大きくなりやすいのでトータルで損をしてしまう事になるのです。

勝ち組ほど駄目だと思った時の見切りが早く、その結果として短期的な勝率は五分五分になります。
しかし、その代わりに利益を伸ばすことができますから損失は最小限で、利益は最大限となるため差し引きでは損得を来る返しながら得が積み重なっていくということになります。

投資する目的とは

 投資と聞いて多くの人が思い浮かべるのが資産を増やすためであるという目的でしょう。しかし、必ずしも資産を増やすことだけが目的ではありません。逆に資産を減らさないためという目的も考えられるのです。具体的には、資産をすべて円建て預金として保有している場合、いくつかのケースで資産価値が下落してしまう虞があります。まず、物の値段が上昇しているインフレ状態の経済の下では、資産の多くを現金としておくのは非常に不利です。なぜなら、物価が上昇するということは、相対的に貨幣価値が減少してしまうということになるため、何もしなくともインフレ時には資産価値が目減りしてしまうのです。つまり、インフレ時に価値が上昇する株に投資をしておくとインフレ対策になり、資産を守ることができます。また、円建て資産しかない場合、為替の変動の結果マイナスの影響を受けてしまう虞があります。なぜなら、為替が大きく円安に振れた場合、例えば海外旅行に行こうとした際には円高時よりも多くの円が必要となります。つまり、円の価値が高い円高の時にドルやユーロといった外貨に投資ししておけば、円安になった時に円を外貨に換える際の損を免れることができます。
 もちろん、投資は資産を守ることだけでなく、資産を増やす目的で行うこともできます。例えば、安定して高い配当利回りを出す株を購入しておけば、長期的に見ると資産が倍になる可能性があります。また、短期的に資産を増やしたければ値上がり益を狙って頻繁に売買を行うという投資も可能です。ただし、短期的に頻繁に売買を行うということは、株価が思うように上がってくれない場合、損をしてしまうリスクを覚悟しなければなりません。そのため、資産を増やす目的で株を購入する場合、配当等による資産の増加を期待するのが安心でしょう。投資にはリスクがつきものです。少しでもリスクを減らすには株価の変動を予想することが重要になってきます。現在では株価の予想サイトもあるので、そちらを参考にするといいでしょう。注意点としては必ずしも予想が当たるとは限らないので、複数の株の予想サイトを見て判断するといいでしょう。

■投資のリスク回避には株価を予想することが重要です
明日の株価を予想